F1 ニュース

投稿日: 2019.07.28 09:10
更新日: 2019.07.28 09:11

フェルスタッペン「フロントロウならチャンス大。ソフトタイヤスタートが有利になるかも」:レッドブル・ホンダF1


F1 | フェルスタッペン「フロントロウならチャンス大。ソフトタイヤスタートが有利になるかも」:レッドブル・ホンダF1

 2019年F1ドイツGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは自己ベストタイの2番手を獲得した。

 フェルスタッペンはQ1でソフトタイヤで1分12秒593を出し、2番手で通過。Q2では最初のランをミディアムタイヤでスタートしたが、パワーロスを訴え、タイムを出すことなくピットイン。パワーユニット(PU/エンジン)のセッティングを修正した後、時間内に再度コースインできたものの、ミディアムでのアタックは断念し、ソフトを使用した。そのためフェルスタッペンは決勝をソフトタイヤでスタートすることが決定した。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング