F1 ニュース

2019.09.12

メルセデスF1代表、ボッタスの2位入賞を称賛もドライビング改善の必要性を指摘「先行車の後ろで苦戦していた」


F1 | メルセデスF1代表、ボッタスの2位入賞を称賛もドライビング改善の必要性を指摘「先行車の後ろで苦戦していた」

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、F1第14戦イタリアGPで見られたバルテリ・ボッタスの弱点について、前を走るマシンのすぐ後ろを走行する際の技術を改善する必要があると考えている。

 イタリアGPの決勝レース終盤、タイヤが摩耗してしまったルイス・ハミルトン(メルセデス)はトップを走るシャルル・ルクレール(フェラーリ)の追尾を諦めざるを得ず、代わりにボッタスがルクレールを追い詰める役目を任された。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
高村みどり(たかむらみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング