F1 ニュース

投稿日: 2019.09.23 08:32
更新日: 2019.09.23 08:54

レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、3位表彰台も楽観せず「ここ数戦のなかで最悪のパフォーマンス。警鐘と受け止めるべき」


F1 | レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、3位表彰台も楽観せず「ここ数戦のなかで最悪のパフォーマンス。警鐘と受け止めるべき」

 2019年F1シンガポールGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3位で今シーズン6回目の表彰台を獲得した。

 4番グリッドスタートのフェルスタッペンは、序盤はポジションを守って走行、61周のレースの19周目、フェラーリのセバスチャン・ベッテルと同時に上位陣では最も早いタイミングでピットイン、ソフトタイヤからハードへと交換した。これによりピットストップのタイミングを遅らせたルイス・ハミルトンの前に出ることに成功、終盤、より新しいタイヤを履いたハミルトンから猛追を受けるが、フェルスタッペンはポジションを守り切った。フェルスタッペンにとって今回の3位はF1で28回目の表彰台にあたる


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

R’Qs Racing Girls
安西茉莉(あんざいまり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング