F1 ニュース

投稿日: 2019.10.04 10:38
更新日: 2019.10.04 10:40

レッドブルF1首脳、ベッテルと同様にルクレールにも非があると主張。フェラーリの対応にも批判的


F1 | レッドブルF1首脳、ベッテルと同様にルクレールにも非があると主張。フェラーリの対応にも批判的

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、過去数レースでフェラーリに生じている緊張状態に関しては、シャルル・ルクレールにもセバスチャン・ベッテルと同様の責任があると述べている。

 前戦ロシアGPでは、レース序盤にベッテルがチームオーダーに従わず、チーム内に緊張が走る場面があった。フェラーリはレース前、ポールシッターのルクレールが3番グリッドのベッテルにトウ(スリップストリーム)を使わせてフェラーリ1-2を達成するというプランを立て、ドライバーたちもこれに同意していたが、ベッテルはスタート直後にトップに立った後、ポジションをルクレールに返すようにとのチームの指示に従うことを拒んだのだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング