F1 ニュース

投稿日: 2019.11.27 08:44
更新日: 2019.11.27 08:45

ハースF1代表、2019年シーズンは苦戦するも「希望の兆しが見える」と2020年に前向き


F1 | ハースF1代表、2019年シーズンは苦戦するも「希望の兆しが見える」と2020年に前向き

 ハースF1チームにとって2019年シーズンは厳しい戦いの連続だった。特にタイヤマネジメントに苦しみ続け、2019年型マシンのパフォーマンスを最大限に発揮することができないグランプリが多かった。しかしチーム代表のギュンター・シュタイナーは、そうした苦闘のなかからも、2020年に向けては希望の兆しが見えているという。

 今シーズンのハースのパフォーマンスには一貫性が欠けている。予選では強力な走りを見せていたにもかかわらず、決勝レースで突然速さを失うといったことがしばしば起きていた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KT Honey
宮本あかり(みやもとあかり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング