F1 ニュース

投稿日: 2020.04.28 09:33

怒れるマクラーレンCEO「フェラーリが去ってもF1は生き残れる」


F1 | 怒れるマクラーレンCEO「フェラーリが去ってもF1は生き残れる」

 マクラーレン・レーシングのCEOザク・ブラウンは、F1にとって最も重要なことは、フェラーリをF1に引き止めることではなく、他の複数のチームが撤退するのを防ぐことであると主張した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、F1とチームが経済面で大きな打撃を受け、生き残れないチームが出てくることが懸念されている。チームをサポートするため、2021年から導入される予算制限の上限額が1億7500万ドル(約188億円)から1億5000万ドル(約161億円)に引き下げられることで合意が成立したといわれている。しかし一部チームがさらなる引き下げを求め、それをフェラーリは拒絶、マクラーレンのブラウン代表はフェラーリの姿勢を強く批判している。


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング