F1 ニュース

投稿日: 2020.07.25 07:30
更新日: 2020.07.26 00:56

「交渉は非公開で行われるべき」メルセデスF1代表、新コンコルド協定に関するフェラーリらの姿勢に異論


F1 | 「交渉は非公開で行われるべき」メルセデスF1代表、新コンコルド協定に関するフェラーリらの姿勢に異論

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、マクラーレンとフェラーリはF1で最も重要な新しいコンコルド協定を締結する準備ができていると主張することで、彼ら自身を“笑いもの”にしてしまっていると述べている。

 新協定は、チームと商業権保有者であるリバティ・メディアとの間の商業関係を規定するもので、2021年から2026年まで有効となる。協定は数カ月にわたって策定作業が行われており、F1とFIAがチームとともに、継続中の議論にしたがって細則を微調整している。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング