F1 ニュース

投稿日: 2020.07.24 07:30
更新日: 2020.07.23 16:49

メルセデスF1代表、レーシングポイントとベッテルの話し合いへの関与を否定「株式保有はチームと関係ない」


F1 | メルセデスF1代表、レーシングポイントとベッテルの話し合いへの関与を否定「株式保有はチームと関係ない」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフは、アストンマーティン社の株主として、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とレーシングポイントの間で交わされた話し合いにはまったく関わっていないと述べている。

 シルバーストンを本拠地とするレーシングポイントは、チームの共同オーナーであるローレンス・ストロールが設立したパートナーシップにより、来季にチーム名をアストンマーティン・レーシングに変更する予定だ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています