F1 ニュース

投稿日: 2020.09.20 07:56
更新日: 2020.09.20 07:58

ベッテル、赤旗後のスタンディングスタートは「公平ではない」とF1規則を批判


F1 | ベッテル、赤旗後のスタンディングスタートは「公平ではない」とF1規則を批判

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、赤旗によるレース中断後、スタンディングスタートでレースを再開するのは、グリッドの路面コンディションによって有利・不利が大きく分かれるため、不公平であると主張した。2020年F1第8戦イタリアGPと第9戦トスカーナGPは、決勝中に赤旗が出る荒れた展開になった。

 ムジェロ・サーキットでのトスカーナGPでは赤旗中断が2回発生し、全車がグリッドについてスタートするスタンディング方式でのリスタートが行われた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム