F1 ニュース

投稿日: 2020.09.17 13:07
更新日: 2020.09.17 13:10

「赤旗中断中のタイヤ交換は禁止にすべき」F1初入賞逃し失意のラッセルが主張


F1 | 「赤旗中断中のタイヤ交換は禁止にすべき」F1初入賞逃し失意のラッセルが主張

 ウイリアムズF1チームのジョージ・ラッセルは、F1のレッドフラッグ規則には不公平な部分があり、一部変更する必要があると主張した。レースの一時休止中に自由にタイヤ交換を行えることで一部のドライバーが得をすることは防ぐべきであると、ラッセルは考えている。

 イタリアのムジェロ・サーキットで開催された2020年F1第9戦トスカーナGP決勝では多重クラッシュが連発し、赤旗中断をはさみ、2度のリスタートが行われた。規則では、赤旗中断中にピットレーンでタイヤを交換することが可能であり、ラッセルはそのせいで自分は不利な立場に立たされたと考えている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

LINGLONG TIRE DRIFT Team ORANGE
結城みい(ゆうきみい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング