F1 ニュース

投稿日: 2020.10.12 12:07
更新日: 2020.10.12 12:08

レッドブル・ホンダ分析:レースでの一発はメルセデスと互角以上。2位以上の価値もたらした最速ラップと表彰台


F1 | レッドブル・ホンダ分析:レースでの一発はメルセデスと互角以上。2位以上の価値もたらした最速ラップと表彰台

 2020年F1第11戦アイフェルGPは、優勝した第5戦70周年記念GPを除けば、今シーズン最もメルセデスに接近した戦いを演じたレースとなった。

 60周目のチェッカーフラッグを受けたとき、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)との差は、4.4秒だった。これは前戦ロシアGPの7.7秒、ファイナルラップでパンクに見舞われてスロー走行していたハミルトンを追い詰めた第4戦イギリスGPの5.8秒よりも小さい差だった。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング