F1 ニュース

投稿日: 2020.10.30 19:03
更新日: 2020.10.30 19:08

41歳でF1残留を決めたライコネン「アルファロメオは第二の家族。彼らと一緒だからこそ、続けたいと思った」


F1 | 41歳でF1残留を決めたライコネン「アルファロメオは第二の家族。彼らと一緒だからこそ、続けたいと思った」

 2021年に向けてアルファロメオとの契約を延長したキミ・ライコネンは、このチームだからこそさらに1年F1活動を継続したいという気持ちになったと語った。

 イタリア・イモラでのエミリア・ロマーニャGPを前にした10月30日、アルファロメオは2021年に現在のライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのペアを来季も維持すると発表した。同チームは3年連続で同じドライバーラインアップを起用することになる。

 41歳のライコネンは、F1出走回数で現在史上トップに立っており、2021年にはF1での19シーズン目を迎える。2001年にアルファロメオの前身ザウバーからデビューを飾り、マクラーレンからフェラーリに移り、2007年にタイトルを獲得。2010年、2011年にWRCに参戦した後、2012年にロータスからF1に復帰、その後、フェラーリで5年を走り、2019年にアルファロメオに移籍した。