F1 ニュース

投稿日: 2020.11.06 14:16

作業中のマーシャルに、F1マシンが猛スピードで接近。FIAは安全確保に向け手順を見直しへ


F1 | 作業中のマーシャルに、F1マシンが猛スピードで接近。FIAは安全確保に向け手順を見直しへ

 FIAは先週末の第13戦エミリア・ロマーニャGPにおいて、セーフティーカー導入中にコース上にいたマーシャルが危険に晒された状況を受け、その手順の変更を検討している。

 セーフティーカーが導入されたのは、51周目にレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにタイヤトラブルが起き、彼がバリアンテ・ビルヌーブでグラベルへコースオフした後のことだ。またセーフティーカーランの最中、ウイリアムズのジョージ・ラッセルはアクア・ミネラリに向かうところでマシンのコントロールを失い、バリアに衝突してデブリを散乱させてしまった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング