F1 ニュース

投稿日: 2020.11.01 23:17
更新日: 2020.11.01 23:45

ハミルトンが逆転優勝、メルセデスはコンストラクターズ7連覇。クビアトが表彰台に迫る4位【決勝レポート/F1第13戦】


F1 | ハミルトンが逆転優勝、メルセデスはコンストラクターズ7連覇。クビアトが表彰台に迫る4位【決勝レポート/F1第13戦】

 11月1日現地時間午後1時10分、第13戦エミリア・ロマーニャGPの決勝が行われた。

 やや雲が多くなって陽射しは弱く、気温は17度、路面温度は24度。Q3進出の上位10台はメルセデスAMG勢とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だけがミディアムタイヤで、それ以外の7台はソフトタイヤ。11番グリッド以下は最後尾のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)だけがソフトを選び、それ以外は全車がミディアムをスタートタイヤに選んだ。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング