F1 ニュース

投稿日: 2020.11.04 10:49
更新日: 2020.11.04 10:51

“愚かなミス”で初入賞のチャンスを逃したラッセル。意気消沈の姿にハミルトンや経験者グロージャンから慰めの声


F1 | “愚かなミス”で初入賞のチャンスを逃したラッセル。意気消沈の姿にハミルトンや経験者グロージャンから慰めの声

 2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP決勝で、入賞の可能性を持ちながらクラッシュし、リタイアを喫したジョージ・ラッセルは意気消沈の様子を見せた。そんな彼に対して、ルイス・ハミルトンらがソーシャルメディア上で励ましの言葉をかけた。

 ウイリアムズのラッセルは、F1での初ポイント獲得にあと一歩まで迫っていた。レース残り12周のところで、バリアンテ・ビルヌーブのグラベルトラップにはまったマックス・フェルスタッペンの車両をマーシャルが回収するために、セーフティカーが導入された。この時点でラッセルは10番手につけていたのだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

Rising Angel
青山あいり(あおやまあいり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング