F1 ニュース

投稿日: 2020.10.29 16:41
更新日: 2020.10.29 16:47

メルセデスF1代表、ラッセルがシート喪失の場合は1年間リザーブとして起用


F1 | メルセデスF1代表、ラッセルがシート喪失の場合は1年間リザーブとして起用

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、メルセデス傘下のジョージ・ラッセルが万が一ウイリアムズから放出された場合には、彼を1年間リザーブドライバーに起用し、2022年の復帰に備えさせると語った。

 ラッセルは2021年末までウイリアムズと契約をかわしているものの、チームはセルジオ・ペレスと交渉を行っており、ラッセルがシートを失う可能性があると最近伝えられている。ペレスは今季末でレーシングポイントを離脱することが決まり、豊富な資金を持って、移籍先を探している。

 しかしラッセルによると、前戦ポルトガルGPにおいて、ウイリアムズの新オーナーであるドリルトン・キャピタルの代表から、来季のシートについて懸念はいらないという保証を与えられたということだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング