F1 ニュース

投稿日: 2020.11.29 14:32
更新日: 2020.11.29 14:33

ホンダF1田辺TD予選後会見:レッドブルの最上位グリッド確保は「パッケージとしてのパフォーマンスが上がった証」


F1 | ホンダF1田辺TD予選後会見:レッドブルの最上位グリッド確保は「パッケージとしてのパフォーマンスが上がった証」

 第15戦バーレーンGP予選では、ホンダ製パワーユニット(PU)を搭載する4台すべてがトップ10入りを果たした。レッドブルにとっては、現行PUが導入された2014年以降では、このサーキットでの最上位グリッド獲得でもあった。しかしメルセデス2台に対しては今回も彼らの前に行くことは叶わず、その壁の厚さを感じさせた予選でもあった。

 一方でバーレーンでは、フェラーリが再来年以降のPU開発凍結に前向きな発言をしたことが注目された。来年末のホンダ撤退以降もレッドブルが同じPUを使い続けるためには、PU開発凍結が大前提となる。フェラーリ発言の背景についても、田辺豊治テクニカルディレクターが語ってくれた。


F1 関連チーム

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング