F1 ニュース

投稿日: 2020.12.07 13:58
更新日: 2020.12.07 14:05

レッドブル代表「優勝の可能性があっただけに、フェルスタッペンの0周リタイアは悔しい」【F1第16戦決勝】


F1 | レッドブル代表「優勝の可能性があっただけに、フェルスタッペンの0周リタイアは悔しい」【F1第16戦決勝】

 2020年F1サクヒールGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはリタイア、アレクサンダー・アルボンは6位だった。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 何の過失もないマックスのレースがオープニングラップで終わり、大きな苛立ちを感じる。彼はターン2でスライドしたバルテリ(・ボッタス/メルセデス)を避けたことで勢いをなくした。その後、(フェラーリのシャルル・)ルクレールがブレーキングの判断を誤り、(レーシングポイントのセルジオ・)ペレスにヒットした。マックスは接触を避ける動きを取らなければならず、その結果、バリアにヒットする羽目になったのだ。彼は今日、優勝争いの真の候補だったはずなので、極めて残念だ。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング