F1 ニュース

投稿日: 2016.11.14 07:25
更新日: 2016.11.14 08:38

ホンダ「ハラハラしどおしだった…サバイバルレースを戦い抜いた全ドライバーの勇気に敬服」/F1ブラジルGP日曜


F1 | ホンダ「ハラハラしどおしだった…サバイバルレースを戦い抜いた全ドライバーの勇気に敬服」/F1ブラジルGP日曜

 2016年F1ブラジルGP決勝は悪天候でアクシデントが相次ぎ、セーフティカーと赤旗をはさみながら長時間かけて71周が行われた。マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは10位、ジェンソン・バトンは16位だった。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 一日中、雨が降り続き、今日のブラジルGPは今季ここまでで最も困難なサバイバルレースになりました。

 フェルナンドは最後のセーフティカーの後のリスタートで残念ながらスピンを喫し、最後尾まで順位を落としました。でもその後、見事な追い上げによって10位でフィニッシュし、1ポイントを獲得しました。

 ジェンソンは昨日に引き続き、マシンバランスと路面コンディションに苦しみ、その状態をレース中に改善することができませんでした。

 リザルトは別にして、今日走ったすべてのドライバーたちの勇気とドライビングテクニックに畏敬の念を抱いています。はらはらしどおしのレースでした。
  


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング