F1 ニュース

投稿日: 2021.01.28 17:09
更新日: 2021.01.28 17:10

レッドブルが望むF1エンジン凍結案、投票に至らず。フェラーリが態度保留か


F1 | レッドブルが望むF1エンジン凍結案、投票に至らず。フェラーリが態度保留か

 F1エンジン開発凍結についての投票が1月25日に実施される予定だったが、さらに議論が継続されることになり、決定が先送りされたようだ。

 ホンダがF1パワーユニット(PU/エンジン)マニュファクチャラーとしての活動を2021年末で終了することを決めたため、レッドブル・レーシングとアルファタウリは2022年以降のパワーユニットを新たに決めなければならない。元パートナーのルノーは、今年からアルピーヌチーム以外カスタマーを持たないため、レギュレーションにより、彼らからの供給は保証される。しかしレッドブルは、ホンダのパワーユニットの知的財産権を取得し、自身でこれを使用していくことを望んでいる。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています