F1 ニュース

投稿日: 2021.02.07 08:46
更新日: 2021.02.06 18:51

レッドブルF1首脳が恐れる、パワーユニット開発凍結が実現しない未来


F1 | レッドブルF1首脳が恐れる、パワーユニット開発凍結が実現しない未来

 レッドブル・レーシングは、2021年末でホンダがF1活動を終えた後もそのパワーユニット(PU/エンジン)を継続して使用できる状況を整えるため、エンジン凍結規則の導入を求めてきた。他チームがこれに同意するかどうかが、レッドブルの今後に大きく影響する。

 レッドブルは、ホンダのパワーユニットの知的財産権を取得し、2022年以降もそのパワーユニットを使用していくことを望んでいる。だが、ホンダとの契約がまとまったとしても、その後、自身で開発を続けていく技術的ノウハウも予算もない。そのため、2022年シーズンから、おそらく2025年に新たなエンジンレギュレーションが導入されるまでの間、パワーユニット開発が凍結されることを求めている。