F1 ニュース

投稿日: 2021.02.11 16:24
更新日: 2021.02.11 16:26

【連載解説】2021年F1新技術レギュレーション(1)開発凍結パーツとトークン制度


F1 | 【連載解説】2021年F1新技術レギュレーション(1)開発凍結パーツとトークン制度

 次世代F1マシン導入を前にし、2021年には昨年型のシャシーが持ち越され、開発が厳しく制限される。そのための規定を含め、技術レギュレーションにはいくつか重要な変更がなされた。その主な変更点を全4回にわたって紹介していく。第1回では、凍結されるパーツとそのスケジュール、開発のためのトークン制度についてまとめた。

────────────────────────────────

 今季2021年は、基本的には昨年型の車体を使い回すことになる。チームが新車を投入せずに去年のマシンを使うのは、F1GP史上初めてのことだ。ただしボディワークとパワーユニット(PU/エンジン)は、新規開発が許されている。さらにいえば凍結されたパーツも、ある程度の改良を施すことは可能だ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています