F1 ニュース

投稿日: 2021.03.18 19:09
更新日: 2021.03.18 21:35

F1、初開催サウジアラビアGPのコースレイアウトを発表。6.175kmの最速ストリートサーキット


F1 | F1、初開催サウジアラビアGPのコースレイアウトを発表。6.175kmの最速ストリートサーキット

 2021年F1サウジアラビアGPの舞台となる『ジェッダ・ストリート・サーキット』のレイアウトが正式に発表された。

 初のサウジアラビアGPが今季カレンダー入りすることは、昨年決定。国内第二の都市ジェッダで開催され、紅海沿岸のジェッダ・コーニッシュのストリートサーキットが使用されることは発表されていたが、レイアウトは明らかになっていなかった。

 3月18日、F1は、全長6.175km、27のコーナーを備えた『ジェッダ・ストリート・サーキット』のレイアウトを発表した。カレンダー中、ベルギーのスパ・フランコルシャンに続く2番目に長いコースで、ストリートサーキットとしては最速になるものと予想される。シミュレーションでの平均速度は250km/h以上だという。