F1 ニュース

投稿日: 2021.03.29 18:24
更新日: 2021.03.29 18:25

ホンダF1田辺TDレース後会見:新PU投入初戦は「昨年までとは違う戦いができている」と実感。空力性能の向上にも貢献


F1 | ホンダF1田辺TDレース後会見:新PU投入初戦は「昨年までとは違う戦いができている」と実感。空力性能の向上にも貢献

 2020年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースをポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、勝利こそ逃したものの、最終周までルイス・ハミルトン(メルセデス)と激烈なバトルを繰り広げた。さらに角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は17番手まで後退した序盤から果敢なオーバーテイクを繰り返して9位フィニッシュ。ルーキーらしからぬ落ち着いたレース運びで初レース初入賞を果たしたことに、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターも称賛を惜しまなかった。

 対照的にセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、スタート直前のトラブルや直後の接触事故で、期待された結果を残すことはできなかった。そんな悲喜こもごもの開幕戦について田辺テクニカルディレクターは、「開幕戦としてはいいレースができた」と総括する一方で、「できることはやったという思いはありますが、それが結果に表れなかったという点では悔いはある」と、第2戦以降の雪辱を誓っていた。