F1 ニュース

投稿日: 2021.04.14 16:58
更新日: 2021.04.14 17:01

F1技術解説バーレーンGP編(1):新規定で一際遅くなったアストンマーティンとメルセデスの対策


F1 | F1技術解説バーレーンGP編(1):新規定で一際遅くなったアストンマーティンとメルセデスの対策

 2021年F1バーレーンGPで走行した各チームのマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、開幕戦で明らかになった変更点を解説した。第1回では、規則変更が不利に働いたといわれるアストンマーティンがフロアに施した対策を紹介する(全2回)。

────────────────────────────────

 開幕戦バーレーンGPと昨年終盤の同GPの予選タイムを比較すると、全車が遅くなっているのがわかる。ダウンフォース削減を目的にした技術レギュレーション変更が、しっかり効果を発揮しているということだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム