F1 ニュース

投稿日: 2016.11.26 20:12
更新日: 2016.11.26 20:18

ベッテルがトップタイムを記録するも、上位陣は僅差【タイム結果】F1第21戦アブダビGP フリー走行3回目


F1 | ベッテルがトップタイムを記録するも、上位陣は僅差【タイム結果】F1第21戦アブダビGP フリー走行3回目

 2016年F1第21戦アブダビGPの土曜フリー走行3回目は、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。 

 気温29度、路面温度34度というコンデションで開始された今シーズン最後のフリー走行。各車スーパーソフト、ウルトラソフトタイヤでコースインし、テストプログラムを消化すべく周回を重ねるが、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグはマシントラブルによりインストレーションラップすら行えない状況が続いた。

 開始から25分を過ぎたところで、ベッテルが1分41秒957を記録しトップタイムを記録。メルセデスとレッドブルの4人がそれに続く。マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは9番手、フェルナンド・アロンソは10番手のタイムを記録しており、マシンの仕上がりはまずまずのようだ。

 長時間ガレージに留まっていたヒュルケンベルグがコースインし、失った時間を取り戻すべく周回を重ね始めたが、トロロッソのふたりは金曜日に2度ものパンクに見舞われた原因を解決することができず、チームクルーは作業に追われている。昨日のFP2でも安全上の懸念から走行を切り上げているトロロッソにとっては厳しい最終戦となってしまった。

 セッション残り20分の段階で、タイトルを争うメルセデスのふたりがウルトラソフトタイヤでタイムアタックを行う。ニコ・ロズベルグが1分41秒168のタイムを記録しトップに位置した直後、ハミルトンがロズベルグより約0.1秒速いタイムを叩き出し、タイムシートのトップに立つ。

 残り15分を切ったところで、ようやくトロロッソ勢が再びコースインしチェック走行に向かうが、カルロス・サインツJr.はすぐにガレージに戻ってしまい、セッション終了直前までコースに戻ることはなかった。一方で好調なのはベッテル。新品のウルトラソフトを投入し、1分40秒台のトップタイムを記録してみせた。チームメイトのキミ・ライコネンも4番手に位置しており、フェラーリ勢はふたりとも良い仕上がりのようだ。

 しかし、レッドブル勢も黙ってはおらず、マックス・フェルスタッペンがベッテルから約0.1秒落ちのタイムを記録し2番手に浮上。ライコネンも1分40秒台に入れ3番手に位置している。ハミルトンとロズベルグは再びタイムアタックを行うことはなかった。

 タイトル決定戦となるアブダビGPの公式予選は、このあと日本時間22時(現地時間17時)から行われる。

Pos.

No.

Driver

Team

Time

Laps

15S.ベッテルフェラーリ1:40.77516
233M.フェルスタッペンレッドブル1:40.91221
37K.ライコネンフェラーリ1:40.99914
444L.ハミルトンメルセデス1:41.06515
56N.ロズベルグメルセデス1:41.16819
63D.リカルドレッドブル1:41.83120
711S.ペレスフォース・インディア1:41.88519
827N.ヒュルケンベルグフォース・インディア1:42.06713
977V.ボッタスウイリアムズ1:42.07619
1021E.グティエレスハース1:42.35416
1114F.アロンソマクラーレン1:42.58514
1230J.パーマールノー1:42.61618
1322J.バトンマクラーレン1:42.66415
1419F.マッサウイリアムズ1:42.66320
158R.グロージャンハース1:42.80517
1620K.マグヌッセンルノー1:43.05717
1794P.ウェーレインマノー1:43.14517
1855C.サインツJr.トロロッソ1:43.30110
1912F.ナッセザウバー1:43.41722
2031E.オコンマノー1:43.73315
2126D.クビアトトロロッソ1:44.10513
229M.エリクソンザウバー1:44.23820

本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング