F1 ニュース

投稿日: 2021.06.07 17:54
更新日: 2021.06.07 18:06

ハミルトン、“ブレーキマジック”の誤操作で2番手からノーポイント「惨めだし、皆に申し訳ない」メルセデス/F1第6戦


F1 | ハミルトン、“ブレーキマジック”の誤操作で2番手からノーポイント「惨めだし、皆に申し訳ない」メルセデス/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは15位、バルテリ・ボッタスは12位で、チームはノーポイントに終わった。

 ハミルトンは2番グリッドからスタートし、2周目にはトップに立つが、ペースが上がらず、上位勢のピットストップ後に3番手に落ちた。レースをリードするマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がリタイアし、赤旗中断を挟んでのリスタート時、2番グリッドのハミルトンは首位を狙うなかでターン1で曲がり切れずに直進。残り2周では挽回のチャンスもなく、ノーポイントという結果になった。

 ハミルトンがターン1でブレーキをロックさせたのは、ブレーキバランスの設定が誤って変更されたせいだとチームは説明している。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング