F1 ニュース

投稿日: 2021.06.10 07:00
更新日: 2021.06.09 18:48

ロス・ブラウン、古巣メルセデスF1の不振に驚く「調子の悪いマシンでレースに出るのは異例のこと」


F1 | ロス・ブラウン、古巣メルセデスF1の不振に驚く「調子の悪いマシンでレースに出るのは異例のこと」

 F1のスポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、第6戦アゼルバイジャンGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)は“人柄の試練”に見舞われたと述べているが、レース終盤に大きな犠牲を払うことになったハミルトンのミスは、幸運なことにマックス・フェルスタッペンの不運で“相殺”されたと主張している。

 フェルスタッペンは、アゼルバイジャンGPの終盤で突然のタイヤトラブルに見舞われ、確実と思われた優勝を奪われた。そのため、ハミルトンが多くのポイントを獲得して最大のライバルからドライバーズ選手権の首位の座を奪い返す可能性があった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング