F1 ニュース

投稿日: 2016.04.02 15:00
更新日: 2016.04.02 16:43

ハミルトン、F1変革への熱い思いを語る「最高の満足感を味わうため、力を尽くしたい」


F1 | ハミルトン、F1変革への熱い思いを語る「最高の満足感を味わうため、力を尽くしたい」

 開幕戦オーストラリアGPの週末、世界チャンピオンのルイス・ハミルトンはF1の現状について忌憚のない意見を口にした。グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)がドライバー全員を代表して公開書簡を出す前のことだ。

 ハミルトンはGPDAに加入していないが、バーレーンの木曜日にメディアの取材に答え、GPDAを全面的に支持すると述べた。彼は強い思いを込めて熱弁を振るい、カート時代から今日に至るまで変わらないレースへの愛情ゆえに、いまの気持ちを言葉にして語る必要を感じたという。

 現在のF1について彼がどう感じているか、ここでは彼自身の言葉を、そのままの形で伝える。以下のコメントは、いずれもバーレーンGPのグループインタビューでの発言から、一部を抜粋したものだ。

「僕はGPDAのメンバーではない。以前に何年間か加入していたが、脱退したんだ。だけど、みんなが集まって意見をまとめた会合には参加した。僕らはドライバーとして団結することを決めた。時には共同戦線が必要とされる問題もあり、今回もそうだった」

「僕らが目指すのは決定権を持つことではないし、決定権を持ちたいとも思っていない。ただ、レースを面白いものにするにはどんな工夫が必要か、みんなに知ってもらう手助けができる立場にあるのは、僕たちドライバーだけなんだ」

「僕たちドライバーがレースをするのは、クルマを愛し、レースを愛し、ホイール・トゥ・ホイールのバトルを愛しているからだ。ほぼ全員がカートからスタートして、過去の偉大なドライバーたちのようになることを目指してきた」

「現在のF1マシンのドライビングは、ドライバーにとって身体的にも精神的にも本来あるべき形でチャレンジングなものではなくなっている。なぜかと言えば、ルールを決めるにあたっての判断がクルマを間違った方向へ進化させてきたからだ。僕らは何とかして、それを変えたいと思っている」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング