F1 ニュース

投稿日: 2021.07.18 07:08
更新日: 2021.07.18 07:10

F1スプリント予選後にドライバー4人の審議が実施。ラッセルはサインツへの接触で3グリッド降格


F1 | F1スプリント予選後にドライバー4人の審議が実施。ラッセルはサインツへの接触で3グリッド降格

 F1第10戦イギリスGP土曜スプリント予選終了後、4人のドライバーの行為についてスチュワードが審議を行った。その結果、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がカルロス・サインツ(フェラーリ)との接触の原因を作ったと判断され、日曜決勝で3グリッドを降格され、ペナルティポイント1が科されることが決まった。

 土曜に行われた約100kmの“スプリント予選”をラッセルは8番グリッドから、サインツは9番グリッドからスタートした。ふたりは1周目のターン6で接触し、サインツはコースオフ、大きくポジションを落とした。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング