F1 ニュース

投稿日: 2016.04.03 14:00
更新日: 2016.04.03 14:05

ジャン・トッド「新予選方式には改善の余地がある」


F1 | ジャン・トッド「新予選方式には改善の余地がある」

 F1の首脳陣は日曜日にバーレーンで会合を開き、予選フォーマットの最終的な変更案について話し合うことになった。FIA会長ジャン・トッドは、この会議で解決が見られるものと自信を示している。

 会議にはトッド、バーニー・エクレストン、全11チームの代表者のほか、ピレリのモータースポーツディレクター、ポール・ヘンベリーも出席する。

「どんな決定に至るにせよ、明日は全会一致で合意が得られるものと楽観的に考えている」と、トッドはバーレーンGPに先立って行われたメディア・ブリーフィングで語った。

 今季から導入され、激しい批判を浴びているノックアウト方式を理想的なものにするには、Q1とQ2の時間を延長し、Q3では各ドライバーに1セットのタイヤを追加供給するのが良いと言われている。そのような案であれば、特にQ3に関して、2週間前にオーストラリアで見られたように予選終盤には誰もコースを走っていないという状況は防げると考えられるからだ。

 トッドとFIAのレースディレクター、チャーリー・ホワイティングは、メルボルンでの予選セッションで起きたことへの対策として、実際そのような案が出されていたことを認めている。しかし、ピレリの見解は、バーレーンで追加のセットを用意するのは時間的に不可能で、その次の中国GPには必要なタイヤを供給できるというものだった。

「オーストラリアに関して言えば、Q3が残念なものになったことは明らかだ」と、トッドは述べた。

「残念だったと思う理由は、予選終了まで、あと3分という時点でドライバーたちがクルマから降りてしまったことにある。長年F1を見ていても、こんなことは滅多になかった」

「私が最初にとった行動は、チャーリーと電話で話すことだった。Q3に関する問題のひとつは、ドライバーたちが使えるタイヤを持っていなかったことにあると、彼は指摘した。そこで私はチャーリーに、ピレリと相談して、Q3用に追加で1セットのスーパーソフトを供給できるかどうか調べてほしいと頼んだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング