F1 ニュース

投稿日: 2016.04.03 15:30

F1第2戦バーレーンGP 予選トップ10ドライバーコメント


F1 | F1第2戦バーレーンGP 予選トップ10ドライバーコメント

 F1第2戦バーレーンGPの予選でトップ10入りを果たしたドライバーたちが、予選の戦いを語った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1位

 大満足だよ。最後のラップはものすごく楽しかった! プラクティスでも予選の大半のラップも完璧とはいえず、ニコ(・ロズベルグ)の方があちこちでコンマ1秒速いような状態だった。だから肝心な時についにうまくまとめることができて本当に満足している。それにすごく安心したよ! その前のラップで飛び出してしまったから、大きくタイムを向上させなければならないと分かっていたんだ。ものすごいプレッシャーだった。

 素晴らしいマシンを用意してくれたレースチームのメンバー、ファクトリーのスタッフに心から感謝する。本当に特別なクルマだ。

 いつもそうだけど、明日もまたいいスタートを切ることが重要になってくる。ここはメルボルンよりもターン1までの距離が長いからね。スタートに関しては対策に努めてきた。でも前回のレースから2週間しかたっていないから、大きな改善が見られるとは考えていない。それでも前回よりはうまくいくことを期待しているが。どうなるだろうね。

 今週末唯一うまくまとめられたのが最後に走ったラップだったとはラッキーだった。これからもうまくいくようになるといいね。
 週末を通してエンジニアとメカニックたちが心配しながらマシンの改善に努めてくれて、それで今日の状態になった。

(ラップレコードを記録したことに対して)いまやV10時代よりも速いタイムが出せるなんて信じられないね。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 予選=2位

 いいラップだと感じたので、ラインを越えた時に僕がポールを取ったと確信していた。そしたらチームからルイス(・ハミルトン)の方が少しだけ速かったと言われたんだ。彼は最後の最後に信じられないようなラップを走った。いい仕事をしたね。

 僕にとってのいいニュースは、このサーキットはカレンダーの中でもポールポジションの価値が一番小さい部類に入るってことだ。明日は戦略が重要になる。混乱があるかもしれないし、チャンスはまだいくらでもあるよ。オーバーテイク可能な箇所が他のサーキットよりも少し多いし、明日に向けて自信を持っている。タイヤは重要な要素になるだろう。去年よりもタイヤが柔らかいから、どれだけ持つのか、いつグレイニングが起き始めるのか、興味深いね。面白いレースになりそうだから楽しみだ。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=3位

 戦えたことが嬉しい。決勝でどの位置にいけるか見てみよう。今日は不満に思うようなことは何もない。ルイス(・ハミルトン)とニコ(・ロズベルグ)が最後になってこれほど大きくタイムを縮めたことにすごく驚いているけどね。僕にとっては路面の状態はそれまでと比べて変化がなかった。それでタイムはほとんど同じだったんだ。

 明日はいいスタートを決めたい。オーストラリアでのその後の展開は再現したくないけどね。いいレースをして勝つチャンスはある。そう信じている。それが当たるかどうかは明日見てみよう。

(Fomura1.comのインタビューでメルセデスとのギャップにがっかりしているかと聞かれ)全く面白くないね! 全然笑えないよ! 僕らがまだ望む位置にいないのは間違いない。今の状況から最大限の結果を出せるよう努力したい。マシンの感触は素晴らしかった。ストレートやコーナーでいくつか難しい部分はあるけど。でもそのうち成果が出ることは分かっている。残念ながら明日じゃないけどね!

(オーストラリアのスタートを再現できるかと聞かれ)できると思うよ。前回は僕もキミ(・ライコネン)もほぼ完ぺきなスタートを切った。でもそれはフロントロウのふたり(メルセデス)がしくじったからでもあるんだ。今回もまた彼らが僕らの味方をしてくれるとは思えないな。いずれにしても彼らのことを考えるのではなく、自分自身のスタートに集中していくよ。