F1 ニュース

投稿日: 2016.04.04 14:47
更新日: 2016.04.05 00:03

F1第2戦バーレーンGP 決勝トップ10ドライバーコメント


F1 | F1第2戦バーレーンGP 決勝トップ10ドライバーコメント

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
バルテリ・ボッタス 決勝=9位

 今日はもっといい結果を期待していたから9位フィニッシュに終わり少しがっかりしている。最高のスタートを切ったのに、ついてないことにターン1でルイス(・ハミルトン)と接触した。あれでふたりとも最終的に順位を落とす結果になったから残念だ。

 僕はドライブスルーペナルティを受け、それが戦略に影響した。そうなると戦うのは難しくなる。さらに、接触でフロントウイングが壊れ、大きなパーツが落ちたことがペースに響いた。

 シーズン最初の2戦はあまりうまくいかなかった。でも前向きな気持ちで次のレースに臨み、挽回を果たしたい。

 彼を抜こうとしていたわけじゃない。どちらかというと後ろの集団に集中していた。アウトからもインからも抜かれないよう気をつけていて、それでブレーキングを遅らせなければならなかった。以前、慎重に行き過ぎて両側から抜かれてしまったことがあった。

(ペナルティを科されて驚いたかと聞かれ)少し驚いたと言わざるを得ない。でも自分がミラーを見るべきだったのか、ミスを認めるべきなのか、もっとよくチェックしてみる必要があるけど。

(Crash.netに対して語り)よく見てみなければならないが、こういうことは時には起こるものだ。ここのターン1のように入口がタイトだと余計にね。だから(ペナルティを受けたことは)残念だった。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ストフェル・バンドーン 決勝=10位

 ほぼ期待していたとおりの結果だ。チャンスを最大限に生かしたと思うから、満足している。

 スタートは少し難しかった。デブリがあちこちにちらばっていて、混乱した状態だった。オープニングラップを通してあちこちでバトルが行われていた。

 週末の初めの段階からとても自信を持って走れていた。いい仕事ができると思い、とても落ち着いた気持ちでいられた。オペレーション上、何のミスも犯さなかったのもよかった。そういう面にかなり気を配っていたんだ。1ポイント持ち帰ることができたのは、素敵なボーナスだ。

 今週末は僕にとって大きなチャンスだった。それを最大限に生かし、自分にどれだけの能力があるかを証明することができた。今は、次に何が起こるかを見ていくだけだ。決めるのは僕ではない。将来が何をもたらしてくれるのか、楽しみにしていく。

(F1iに対して語り)僕はF1ドライバーにふさわしいということを証明できたと思う。12番グリッドからのスタートだったので、1ポイント取れるチャンスは十分あると思っていた。それを成し遂げたんだ。終盤にはバルテリ・ボッタスにかなり近づいていたから、あと1ポイント取れたかもしれない。

 勝ったような気分ではないけど、週末の経過にも、最初からいい仕事ができたということにもすごく満足している。決勝スタートに関してはもっとうまくやれたかもしれないが、それ以外はうまくいったと思う。この週末のことは一生忘れない。子どものころからF1ドライバーになることを夢見ていたんだ。それがかなっただけじゃなく、すごくうまくいったんだからね。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング