F1 ニュース

投稿日: 2017.01.04 06:30
更新日: 2017.01.04 02:43

【ホンダF1特集】第2チーム供給への道筋(1):4年目に向けて整ってきた体制


F1 | 【ホンダF1特集】第2チーム供給への道筋(1):4年目に向けて整ってきた体制

 ホンダがマクラーレンと共に進歩を続けるにつれて、もうひとつ別のチームにもF1パワーユニットを供給する可能性が高まってきた。そして、その実現を心待ちにしているパートナー候補もいる。2018年にもホンダが第2のチームに供給する可能性は非常に高いと英AUTOSPORTのローレンス・バレットは考え、その根拠を示した。

* * * * * * * * * * 

 2015年シーズンからの参戦に向けてホンダとマクラーレンが再び手を結んだとき、両者の間で、ホンダが第2のチームにパワーユニットを供給するには、マクラーレンの同意が必要という取り決めがかわされていた。

 そして、ホンダがパフォーマンスと信頼性の両面で苦しんだこともあって、参戦開始からしばらくの間は他チームへの供給が真剣に検討されることはなかった。マクラーレンとしては、ホンダが問題を解決するまではリソースを分散させてほしくなかったし、ホンダもまだしっかりとした基礎を築けていないうちから、規模の拡大を考えるようなことはしたくなかったのだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング