コラム ニュース

投稿日: 2020.05.19 12:49
更新日: 2020.06.16 18:02

2回で終わったF3オーバル戦。変わっていたかもしれないカテゴリのあり方【日本のレース通サム・コリンズの忘れられない1戦】


コラム | 2回で終わったF3オーバル戦。変わっていたかもしれないカテゴリのあり方【日本のレース通サム・コリンズの忘れられない1戦】

 スーパーGTを戦うJAF-GT見たさに来日してしまうほどのレース好きで数多くのレースを取材しているイギリス人モータースポーツジャーナリストのサム・コリンズが、その取材活動のなかで記憶に残ったレースを当時の思い出とともに振り返ります。

 今回は2006年にドイツF3選手権の1戦として行われ、コリンズがこの数十年間で最高のF3レースだったと評する1戦、ユーロスピードウェイ・ラウジッツ(ラウジッツリンク)でのオーバルレース“イーストサイド100”の後編です。


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
霧島聖子(きりしませいこ)

コラム Photo Ranking

フォトランキング