海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.11.10 18:45
更新日: 2016.11.10 18:49

いま、アジアのGTレースがアツイ?(2)日本人ドライバー多数参戦。格付けには疑問も


海外レース他 | いま、アジアのGTレースがアツイ?(2)日本人ドライバー多数参戦。格付けには疑問も

 2016~2017年シーズンのアジアン・ル・マン(AsLMS)には日本人ドライバーや日本に縁のあるドライバーが多数参戦している。

 昨季のAsLMSでGTクラスのチャンピオンに就き、今シーズンのル・マン24時間でLMGTEアマクラス4位となった澤圭太(GTクラス)をはじめ、田中哲也(GTクラス)、飯田章(GTクラス)、濱口弘(GTクラス)、谷川達也(GTクラス)、アンドレア・カルダレッリ(GTクラス)、ケイ・コッツォリーノ(GTクラス)、エイドリアン・ザウグ(GTクラス)、リチャード・ブラッドレー(LMP3)、ストゥルアン・ムーア(LMP2)。

 また、ホーピン・タン(LMP2)、オリビエ・ベレッタ(GT)、トム・ブロンキスト(GT)と、世界的にその名を知られるドライバーも名を連ねる。

サイン会に臨むVSRの3人。左よりコリー・ルイス、ケイ・コッツォリーノ、エイドリアン・ザウグ。
サイン会に臨むVSRの3人。左よりコリー・ルイス、ケイ・コッツォリーノ、エイドリアン・ザウグ。

 AsLMSでは経歴や戦績で、プラチナ(P)、ゴールド(G)、シルバー(S)、ブロンズ(B)とドライバーは格付けされる。ちなみに前出のベレッタやブロンキストはプラチナなのだが、一方で飯田などは02年の全日本GT選手権チャンピオンであるにもかかわらずブロンズという、少しばかり首を傾げるような格付けも。

 GTクラスは必ずひとりブロンズを起用しなくてはならないのだが、関係者は、このドライバー選びが勝負のキモになると口を揃える。

2015~2016シーズンのAsLMS GTクラスチャンピオン、澤圭太はクリアウォーターのフェラーリで参戦。
2015~2016シーズンのAsLMS GTクラスチャンピオン、澤圭太はクリアウォーターのフェラーリで参戦。

濱口弘とアンドレア・カルダレッリはランボルギーニで参戦。カルダレッリ自身はチーム運営に参画。
濱口弘とアンドレア・カルダレッリはランボルギーニで参戦。カルダレッリ自身はチーム運営に参画。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん(あのん)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング