ル・マン/WECニュース

2016.02.01

マツダLMP2、デイトナは夜明けを前に戦列去る


MZRacing
2016/02/01

2台のマツダ・プロトタイプ、朝日を見ずに戦列を去る。
デイトナ24時間レース

 晴天となった1月30日、マツダの96回目の創業記念日に、フロリダ州デイトナ・インターナショナル・スピードウェイでは「ROLEXデイトナ24時間レース」決勝の火蓋が切って落とされました。

 予選10位からスタートしたマツダ・プロトタイプ70号車(トム・ロング・ジョエル・ミラー、ベン・デブリン組)、同12位の55号車(ジョナサン・ボマリート、トリスタン・ヌネス、スペンサー・ピゴット組)は、序盤から早さを見せ、徐々にポジションを上げていきましたが、それぞれメカニカルトラブルが発生し、70号車はスタートから30分後、55号車は同11時間後にリタイヤとなりました。チームの「朝日を見よう」の目標は果たせず、ポディウムフィニッシュの夢は次戦セブリング12時間レース(3月19日)以降に持ち越されることとなりました。

 30日午後2時40分のスタート前、グリッドにつけた70号車のミラーは、こう言いました。「後方スタートだけど、すぐにトップ争いに加われるさ」。ロングがスタートドライバーとなった70号車は、55号車とともにスタート直後から上位車を追い詰め、胸のすく走りを見せていました。しかし、70号車は30分後のワールドホースシューと呼ばれるテクニカルセクションで突然ストップ。ガレージに運び込まれチェックを受けましたが、再出走は叶いませんでした。駆動系のトラブルとのことです。

 一方の55号車は、20歳になったばかりのヌネスがスタートを担当しました。70号車が抜けたのち、11位になると、周回を追うごとに先行車に迫り、1時間後には7位までポジションを上げます。その後一度ピットインして、燃料補給を受けましたがドライバーはそのまま。「少しアンダーステア傾向だけど、コントロールはしやすい。問題ない」と無線でクルマの状況を知らせてくれました。スタートから2時間半後には、ボマリートにドライバー交代しましたが、その間に順位を競って最高2位まで挽回。4位でボマリートにマシンを渡しました。この快進撃にインフィールドに詰めかけたマツダファン、マツダ車オーナー達はどれほど勇気づけられたことでしょうか。


関連のニュース

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

フォーラムエンジニアリングギャル/2018SGT
吉美あや(よしみあや)

Photo Ranking

フォトランキング