ル・マン/WECニュース

2016.01.28

マツダLMP2、デイトナ24時間プレビュー


MZRacing

2016/01/28
ROLEXデイトナ24時間レースまであと3日

 1月26日(火)、フロリダ州デイトナスピードウェイはにわかに活気を帯びてきました。週末に開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(USCC)開幕戦デイトナ24時間レースの準備のため、各地からレーシングチームが続々とこのレーストラックに集まって来たからです。マツダUSAのオフィシャルチームであるマツダ・モータースポーツも、2台のマツダ・プロトタイプをガレージに運び込み、車検の準備などを始めました。

 2週間前の公式テストデーでは、新しいパワーユニットである4気筒2リットル・ガソリン直噴ターボの「マツダMZ-2.0T」エンジンを搭載したマツダ・プロトタイプが初めて公衆の面前に姿を表しましたが、トップ3タイムを記録するなど上々の滑り出しを見せています。この570馬力を発生する新エンジンを得たことにより、予選で好ポジションを得られれば、ポディウムフィニッシュも夢ではありません。

 55号車を駆るドライバーとして、トリスタン・ヌネス、ジョナサン・ボマリート、そして2015年インディライツチャンピオンのスペンサー・ピゴットがエントリーし、70号車にはトム・ロング、ジョエル・ミラー、そしてベテラン英国人のベン・デブリンが登録されています。

 レースウィークに先立ち、朗報が届きました。マツダ・モータースポーツのレギュラードライバーで、新型グローバルMX-5カップカーの開発を担当したトム・ロングに長男の「カムデン・ジェームス・ロング」くんが誕生した、というものです。カラ・ロングとトムの間に生まれたカムデンくんは、パパに心配かけないようにレーススタートのちょうど1週間前、1月23日の正午直前にこの世に生を受けました。

 デイトナ24時間レースは、長時間にわたるチーム同士の駆け引きも見ものです。マツダチームでは、チーム代表のシルベイン・トレンブレイを筆頭に、他チームの動向をウォッチしペース管理やタイヤ交換・燃料補給のタイミングを図るための情報を集める「スポッター」にも強力なスタッフを置いています。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

フォーラムエンジニアリングギャル/2018SGT
吉美あや(よしみあや)

Photo Ranking

フォトランキング