ル・マン/WECニュース

2016.01.30

マツダLMP2「予選はドライなら好位置狙えた」


MZRacing

2016/01/30
マツダ・プロトタイプ、土砂降りの予選を通過
デイトナ24時間レース公式予選

 1月28日(木)からデイトナ24時間レースに向けたプラクティス走行が始まり、合計54台のレースマシンの咆哮がサーキットに響き渡りました。しかし、朝から天候は不安定で、降り出した雨は公式予選が行われた午後5時過ぎには土砂降りとなり、プロトタイプカーの予選は全く予想のつかないものとなりました。

 24時間レースが行われる週末は好天が予想されており、各チームとも雨のプラクティスでリスクを負うことを嫌い、午前中の走行枠も必要最低限のセッティング確認程度で切り上げている様子でした。マツダ・モータースポーツも同様で、予選でタイムアタックを予定している55号車のトリスタン・ヌネス、70号車のトム・ロングがチェック走行を行ったのち、無理することなくセッションを終了しています。その後も雨は上がる様子を見せなかったため、チームは午後のプラクティスをキャンセル。予選通過だけに集中するため、リスクを避ける決断をしました。

 そして、迎えた予選スタート時刻の午後5時15分となると雨脚は一層強くなり、水しぶきで視界確保も危ぶまれるほどでした。とはいえ、フラッグタワーにグリーンライトが点灯されたため、2台のマツダ・プロトタイプはコースイン。ついにフルアタックするチャンスがないまま、タイムアップとなりました。予選結果は、70号車がクラス10位、55号車がクラス12位です。しかも総合のタイムでは、雨量の少ない時間帯に予選を行ったGTLMクラスのマシンが上位を独占するという事態となりましたが、ルールにより決勝レースはプロトタイプカーの一群が前列からスタートすることになります。

 55号車をドライブしたヌネスは、「経験したことのない凄い雨でした。スイミングプールの中で泳いでいるような感じです。ステアリングではなくて、舵が必要なぐらいでした。コース上にとどまっているのがやっとなので、プッシュしていません。クルマを無事にガレージに戻せてよかったです」と語っていました。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

フォーラムエンジニアリングギャル/2018SGT
吉美あや(よしみあや)

Photo Ranking

フォトランキング