ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.02.18 19:11
更新日: 2016.03.11 22:47

シトロエン期待の若手ブリーン、WRC第2戦スウェーデンで高評価


ラリー/WRC | シトロエン期待の若手ブリーン、WRC第2戦スウェーデンで高評価

 世界ラリー選手権(WRC)第2戦スウェーデンで最上位クラスデビューを果たしたクレイグ・ブリーン(シトロエンDS3 WRC)は、DS3 WRCでのドライブを満喫できたと語ったほか、チーム代表のイブ・マトン、チームメイトのクリス・ミークから高評価を得ている。

 長年、プジョー・スポールのワークスドライバーとしてヨーロッパラリー選手権(ERC)に参戦し、今年からWRCトップクラスにステップアップを果たしたブリーン。事前テストでワークススペックのDS3 WRCを50マイル(約80キロ)ほどテストしているが、実戦での走行はラリー・スウェーデンが初めて。ブリーンはSS7でステージ3位のタイムを記録する好走をみせ、最終的には総合8位を獲得する活躍をみせた。

「(DS3 WRCは)本当に素晴らしい、真のラリーカーと呼べるマシンだった。チームもマシンについて知り尽くしているから、どのセッティングがベストなのかも分かっているんだ」とブリーン。

「マシンに対して、これほどの信頼感を感じたのは久しぶりだった。リラックスしながら臨むことができて、自分のポテンシャルにも気づくことができた。今回は70%から80%、多くても90%程度の力しか発揮していないよ」

16WRC第2戦スウェーデン クレイグ・ブリーン(シトロエンDS3 WRC)
16WRC第2戦スウェーデン クレイグ・ブリーン(シトロエンDS3 WRC)

 ブリーンは今回で3度目のラリー・スウェーデン参戦だが、自身のペースに驚いたともコメントしている。

「スプリットタイムでファステストを記録したし、ステージ3番手タイムも記録した。僕の予想していた以上の結果だよ」

「ライバルと比べて、1キロごとに2~3秒は失うと思っていた。だから、1キロあたり0.8秒~0.9秒以内のギャップに抑えることができたことに驚いているんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング