ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.08.01 17:56

フォルクスワーゲン WRC第8戦フィンランド レポート


ラリー/WRC | フォルクスワーゲン WRC第8戦フィンランド レポート

Press Information
2016年8月1日(月)
フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社

ラリー・フィンランドでラトバラ選手が2位フィニッシュ

・ヤリ-マティ・ラトバラ選手が母国開催のラリーで2位表彰台を獲得。
・ドライバーランキングはフォルクスワーゲン勢が1位から3位までを独占。

 2016年世界ラリー選手権(WRC)第8戦『ラリー・フィンランド』は、7月28日~3 日に学園都市、ユバスキュラを中心に開催されました。フォルクスワーゲンモータースポーツのポロR WRCを駆るヤリ-マティ・ラトバラ選手は、この母国イベントで2位表彰台を獲得、ドライバー・チャンピオンシップでも総合3位に浮上しました。

『ラリー・フィンランド』は、高速セクションと低速テクニカルセクションがバランス良く組み合わされたグラベル(非舗装路)ラリーです。“森林のF1”、“フィンランドGP”、“4輪のエアレース”などの異名が示すとおり、WRC随一の超高速イベントであるとともに、名物スペシャルステージ(SS:競技区間)『オウニンポウヤ』では、何度もマシンが宙を舞い、50メートル超の最長不倒距離が記録されたこともあります。ジャンピングスポット直後にコーナーがあることが多く、適切なポジションから“離陸”しなければなりません。

 先が見通せないクレスト(起伏)も多数存在するため、レッキ(事前走行)中にペースノートを完璧に仕上げる必要があります。伝統的に北欧勢が強いイベントであり、北欧以外では5名のウィナーしか誕生していません。オジエ選手は、その数少ない例外のひとりです。

 今年の『ラリー・フィンランド』は、総走行距離1,370.66km、24カ所のSSによる競技区間距離は333.99kmです。湖と針葉樹林による美しい風景をラリーカーが猛スピードで駆け抜けるシーンは特に人気が高く、毎年50万人もの観客が詰めかける北欧最大のモータースポーツイベントです。

 本格的な競技は金曜日に始まりました。いきなりファンを魅了したのは、地元開催に燃えるラトバラ選手とクリス・ミーク選手(シトロエン)でした。ふたりはコンマ数秒単位の戦いを続け、前日のSS1を含めた12カ所のSSのうち、7カ所でトップタイムを記録しました。

 路面掃除役を担当させられたオジエ選手は、SS10のヘアピンで足元を掬われて溝に転落、16分を失いました。本来であればそれ以上のロスが考えられる状況でしたが、ラリーを良く知るフィンランドのファンが彼をサポートして、マシンをコースに戻しました。しかし、事実上これで表彰台フィニッシュはなくなってしまいました。ミケルセン選手は、交差点でスタックしてタイムをロスしましたが、表彰台のチャンスが残される順位につけています。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング