ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2023.11.10 11:01

ル・マン24時間への水素車両導入が3度目の延期「2026年は現実的ではない」。安全性確保に時間要す


ル・マン/WEC | ル・マン24時間への水素車両導入が3度目の延期「2026年は現実的ではない」。安全性確保に時間要す

 ル・マン24時間レースをオーガナイズするACOフランス西部自動車クラブのピエール・フィヨン会長は、同レースにおける水素クラスの導入を2027年まで延期すると発言した。フィヨンは今回の延期決定の要因として、安全面の理由を挙げている。

 これはこのプロジェクトにとって、3度目の延期を意味する。1度目は2021年、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により2025年へと当初予定から1年延期。2度目は2023年に入ってから、2026年へと延期されていたもの。今年5月、スーパー耐久の富士24時間レースを訪れた際にも、フィヨンは2026年から水素動力車両がル・マンに参戦可能になる旨を発言していた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース