ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.10.14 21:50
更新日: 2018.11.29 16:15

WEC富士:セーフティカーに翻弄された一貴とバトン。ロッテラーは表彰台獲得も「退屈だった」


ル・マン/WEC | WEC富士:セーフティカーに翻弄された一貴とバトン。ロッテラーは表彰台獲得も「退屈だった」

 10月14日に富士スピードウェイで6時間の決勝レースが行われた2018-19年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”第4戦。戦いを終えて、総合2位を獲得した8号車トヨタTS050ハイブリッドの中嶋一貴、総合3位を獲得した1号車レベリオンR13・ギブソンのアンドレ・ロッテラー、総合4位を獲得した11号車BRエンジニアリングBR1・AERのジェンソン・バトンがレースをふり返った。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング