ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.10.14 21:12
更新日: 2018.10.14 21:58

6時間の耐久戦で勝負を決めた、可夢偉の一瞬の判断。「チームはインターと言ったけど、僕は『お願いだからスリック!』と」


ル・マン/WEC | 6時間の耐久戦で勝負を決めた、可夢偉の一瞬の判断。「チームはインターと言ったけど、僕は『お願いだからスリック!』と」

 小林可夢偉率いるトヨタ7号車TS050が見事、母国レースの2018年WEC世界耐久選手権富士6時間レースを制した。可夢偉にとってWECのスーパーシーズンで初めての勝利。WECの勝利も2016年の富士戦以来となる2年ぶりの勝利となった。チームメイトでありライバルでもある中嶋一貴組の8号車との戦いをレース後に振り返った可夢偉。今回の勝利は、富士を知り尽くした可夢偉の経験と感覚がキーとなった。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング