ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.12.14 14:01
更新日: 2019.12.14 14:10

中嶋一貴「ハンディを考えれば上出来」トヨタ、タイヤ温存も2列目確保/WECバーレーン予選


ル・マン/WEC | 中嶋一貴「ハンディを考えれば上出来」トヨタ、タイヤ温存も2列目確保/WECバーレーン予選

 12月13日、WEC世界耐久選手権第4戦バーレーンの公式予選が、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、LMP1クラスに参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組)が総合3番手、チームメイトの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が総合4番手につけた。

 2019年最後のレースとなるバーレーン8時間をランキング1位、2位で迎えたトヨタ。前戦上海に比べややサクセス・ハンディキャップの量が減らされたものの、依然としてラップあたり最大2.5秒以上のハンディを受けるトヨタTS050ハイブリッドは、13日の日中に行われたフリープラクティスで8号車がトップタイムを記録。夕方の予選にも期待がかかった。


本日のレースクイーン

LOTUS
荒町紗耶香(あらまちさやか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング