ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.09.19 11:36
更新日: 2020.09.19 11:38

WEC:トヨタ7号車小林可夢偉がPP獲得。4年連続ポールスタートから3連覇を目指す


ル・マン/WEC | WEC:トヨタ7号車小林可夢偉がPP獲得。4年連続ポールスタートから3連覇を目指す

 9月18日、WEC世界耐久選手権の第7戦、第88回ル・マン24時間レースのスターティンググリッドを決定する『ハイパーポール』がフランスのサルト・サーキットで行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050ハイブリッド7号車を駆る小林可夢偉がポールポジションを獲得した。TOYOTA GAZOO Racingは、2017年から4年連続でのポールポジションを獲得しており、今年は3年連続での優勝を目指す。

 小林可夢偉がアタックを担当した7号車TS050ハイブリッドは、2番手の1号車レベリオンR13・ギブソンに0.555秒差をつける3分15秒267をマークし、可夢偉は自身3度目となるポールポジションを獲得。マイク・コンウェイ、ホセ-マリア・ロペスと共にル・マン初勝利を狙う。


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング