ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.03.24 11:55

マツダ、前年優勝のセブリングで1.4秒差の2位「チームの皆が全力を尽くした結果」


ル・マン/WEC | マツダ、前年優勝のセブリングで1.4秒差の2位「チームの皆が全力を尽くした結果」

 3月20日、アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイにて伝統のセブリング12時間レースが行われ、最高峰DPiクラスに参戦しているマツダ・モータースポーツの55号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/ハリー・ティンクネル/ジョナサン・ボマリート組)は最終盤の熾烈な攻防の末、総合2位表彰台を獲得した。

 マツダは2021年シーズン、55号車のみのシングルカー体制でIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に臨み、第2戦セブリングの5週間前には今季限りでDPiクラスから撤退することを発表している。


本日のレースクイーン

HMReady’s
菅原雨笑(すがわらさわ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング