ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.07.17 09:31

初日ワン・ツーのトヨタ。今季初の超高速コースへの適合に「まだやることはある」/WECモンツァ


ル・マン/WEC | 初日ワン・ツーのトヨタ。今季初の超高速コースへの適合に「まだやることはある」/WECモンツァ

 WEC世界耐久選手権の2021シーズン第3戦『モンツァ6時間レース』は7月16日、イタリア・ミラノ郊外のモンツァ・サーキットでフリープラクティス1のセッションが行なわれた。今季からル・マン・ハイパーカー(LMH)規定の新型マシン、GR010ハイブリッドを投入しているトヨタGAZOO Racing(TGR)は、このオープニング・セッションで7号車GR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が1分38秒401というトップタイムをマークした。

 2番手に8号車GR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)が0.134秒差で続いた。グリッケンハウス・レーシングの2台目が参加したことによりハイパーカークラスは今大会から5台で争われるが、このセッションでは5台全車が0.684秒以内に収まるという僅差の戦いとなっている。


本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング