レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2022.09.10 20:10
更新日: 2022.09.10 20:23

予想以上にアルピーヌは速いと可夢偉。ポールラップは「もう少しプッシュできた」【WEC第5戦可夢偉&平川予選後会見】

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ル・マン/WEC | 予想以上にアルピーヌは速いと可夢偉。ポールラップは「もう少しプッシュできた」【WEC第5戦可夢偉&平川予選後会見】

 9月10日に静岡県の富士スピードウェイで行われたWEC世界耐久選手権第5戦『富士6時間レース』の公式予選。地元戦を迎えたTOYOTA GAZOO Racingは、小林可夢偉がステアリングを握った7号車トヨタGR010ハイブリッドが1分29秒234という総合トップタイムを記録しポールポジションを獲得、僚友8号車もブレンドン・ハートレーの手により1分29秒254で2番手につけた。

 予選後、TOYOTA GAZOO Racingはドライバー兼WECチーム代表を努める可夢偉と、今季からチームに加わり8号車をドライブする平川、ふたりの日本人ドライバーのグループインタビューを開催し、予選を振り返るとともに、アルピーヌとプジョーというライバル勢の速さ、そして6時間の決勝レースへの意気込みを語った。


関連のニュース