投稿日: 2017.05.27 12:09
更新日: 2017.09.11 11:03

SF岡山予選1:関口雄飛が圧巻の0.6秒差ポール。トラフィック避けた戦略も奏功


スーパーフォーミュラ | SF岡山予選1:関口雄飛が圧巻の0.6秒差ポール。トラフィック避けた戦略も奏功

スーパーフォーミュラ第2戦岡山レース1公式予選は通常の3セッションノックアウト方式ではなく20分間の走行枠でのベストタイム順によりグリッドが決められ、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がポールポジションを獲得した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング